福岡の予備校に通ったことで医学部に合格できた

予備校に行くきっかけ

医学部 予備校 福岡 : 医学部予備校ナビ

高校に入学したぐらいの頃から、将来は医者になりたいという気持ちがありました。
自分の力で医学部に入ることができるかどうかわからないところがありましたから、とにかく高校の一年は自力でどこまで行けるかを確認してみることにしたのです。
自分の力だけでボーダーラインに引っかからないようでしたら、入学当初から予備校に通っても無駄だと考えていたためです。
厳しいのであれば早めに通っておくという考え方もありますが、医学部向けの予備校となるとお金もかかりますから、あまり家にも負担はかけたくなかったので、一年の頃から通わせてほしいとはいいづらいものがありました。
とにかく一年は受験をするだけの資格があるかどうかを自分ではかるために、勉強をすることにしたわけですが、福岡の中でも偏差値の高い高校でしたから、なかなか大変でした。
自分と同じ目標を持っているらしい同級生もいて、やはり医者を目指すような人間は普段から勉強もできるもので、常に学年の上位三人に入るほどだったのです。
自分もなんとか頑張ってはいたのですが、トップテンには入ることはできても上位五人に食い込むことはできませんでした。
一年の段階ですからこのぐらいの位置に入っていればなんとかなるかなという気持ちはある一方で、医学部に合格をするともなれば、トップクラスでなければ厳しいのではという思いがありました。
それでも予備校に通えば可能性は見えてくるかなという感じがあって、二年目からは予備校に通い始めることになりました。

予備校に行くきっかけ成果を実感するそして無事に合格